<   2013年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

Microsoft Office2010 Home&Student から日本語版Office2013を手に入れる

Windows7 600日無料使用に続き激裏情報ぽい感じ
ただしリンク先の3800円は必要!

引用先はまさかのamazon
http://www.amazon.co.jp/Microsoft-Office2010-Home-Student-%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%AA%9E%E5%AF%BE%E5%BF%9C%E3%80%8E%E4%B8%A6%E8%A1%8C%E8%BC%B8%E5%85%A5%E5%93%81%E3%80%8F%E3%80%90%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%80%E3%82%AF%E3%83%88%E3%82%AD%E3%83%BC%E3%80%91/dp/B0076ECI5I

2012/9/17のKaz_Kazさんのレビューの方法を読み、2013/03/12時点で、この中国版 Office2010プロダクトキーから 日本語版Office2013を入手するまでの流れをまとめてみました。
作業には多少のPC操作センスと僅かな英語力と、そこそこの執念と、どうかすると3時間以上のお時間が掛かりますので、覚悟してください。
逆に言えば、それさえあれば大幅に安く Office 2013を手に入れることができます。

≪Step.1≫日本語版のOffice 2010試用版を入れる。
 予め日本語版の「Office2010 試用版」(左記でGoogle検索してください)で日本語試用版をインストールし、試用版のライセンスキーで認証します。

≪Step.2≫英語版のOffice 2010製品版を入れる。
 その後、「Office2010 バックアップ」(左記Google検索)でMicrosoft(日本)から英語版(ここが重要)のMicrosoft Office2010 Home&Studentのバックアップをダウンロードしてインストールしました。この状態でOffice 2010日本語版になります。

≪Step.3≫Office 2010の電話認証をする。
 Office 2010のWordなどを起動すると日本語版で起動できることを確認できます。ここで電話認証(オレンジ色のプロダクトキー用紙のキーから電話口でガイダンスされる数字を聞き取って入力する画面が現れる)を完了すれば、Office 2010日本語版として利用できます。

≪Step.4≫米国居住者のIPアドレスでマイクロソフトに接続するためのツールを入手・実行する。
 「OkayFreedom」で検索して Download OkayFreedom from CNETをクリック、ダウンロードして英文利用規約を読んで適当にAgree(同意)してタスクトレイに目玉のマークが出る状態にします。タスクトレイの目玉からOkayFreedomを起動して、接続元をアメリカ(United States)に変更するとこのアイコンが米国の国旗になり、米国VPNサーバー経由でインターネットに繋がる状態になります。

≪Step.5≫米国IPアドレス状態でOffice 2013英語版を入れる。
 この状態で「office 2013 update」でGoogle.comで検索して米国居住者(US)として英語版(English)のOffice 2013をマイクロソフト(米国)のサイトから表示させ、インストールされるファイルが表示できてダウンロードされる直前の段階で OkayFreedom(タスクトレイの米国国旗)をまた起動させてVPNをOffすなわち直接接続に設定します。Office2013のダウンロード自体は日本のIPアドレスから可能ですので、ソフトをダウンロードしてインストールします。この状態で英語版Office 2013になっています。

≪Step.6≫Office 2013日本語試用版を上書きインストールする。
 次に「office 2013 試用」でGoogle検索して、マイクロソフト(日本)から、日本語版の office 2013 試用版をダウンロード、インストールします。

少々面倒ですが、1つ1つのステップを踏まば、現時点(2013/03/13)でも、この商品からOffice 2013日本語版を使用することは可能だということです。Office 2013は SkyDriveでのクラウド機能でネット上にWord等の作成データを保存できて便利です。

私はいずれのバージョンもデフォルトの32bit版でインストールしましたので、64bitについてはよく判りませんが、64bit版で使いたいなら最初から64bit版を入れないといけないようです。(32bit版に上書きで64bit版はインストールできない。)

作業後、必要のないVPNツール(OkayFreedom)はアンインストールしても構いません。OkayFreedomのインストール時に入れたアドレスに来るメールは配信停止することもできます。

--
上記を行うことで3800円でOffice2013正規版が手に入るようです。
他の方の方法も記載がありました。



1.Microsoft(日本)のサイトでOffice2010評価版(体験版)をダウンロード、インストールする
 ※エディションはどれでも良いと思いますが私はMicrosoft Office Home and Business 2010をダウンロードしました。
 ※この時アカウントを持っていない場合、ユーザー登録(無料)が必要になります。
 ※この時使用するプロダクトキーはダウンロード時画面に表示(もしくはメールで送られてくる)評価版のものを使います。
2.Microsoft(日本)のサイトでMicrosoft Office2010 Home&Studentのバックアップをダウンロード、インストールする
 ※ダウンロードページが分からない場合「Office2010 バックアップ」等のワードで検索してください。
 ※この時言語は必ず英語を選択してください。Home&Studentは日本では販売されないエディションだからです。
 ※この時使用するプロダクトキーは購入した中国版Home&Studentのものです。エディションの選択画面はありません。
 ※ダウンロードしたファイルは万一の再インストールのため、残しておくことを勧めます。
 ※ダウンロードしたファイルをダブルクリックしてインストール
3.インストール後、Excel等を起動すると認証画面が出てきますので、電話認証を選びます。
 ※日本を選んで表示された番号に電話をかけます。
 ※後は自動応答の電話の指示通りに操作を進めます。これで認証されれば完了です。
[PR]
by bun_makuhari | 2013-04-21 02:39 | ぱそこん

IIJmioの実力2

プラン名称変更・サービス仕様改定のお知らせ(IIJmio高速モバイル/Dサービス)
(1)クーポン非適用時の最大速度の改定
改定前最大128kbps
改定後最大200kbps

(2)バンドルクーポンの有効期限の延長
改定前バンドルクーポンが付与された月の末日まで
改定後バンドルクーポンが付与された月の翌月末日まで

(3)クーポンのON/OFF機能の提供
みおぽん!

サービス拡充きました!
値段据え置きでよくやったiijmio

あとは

https://www.iijmio.jp/guide/faq/hdd/faq.jsp#1-25
17. プランの変更はできますか?
いいえ、現在はできません。
* 大変お待たせして申し訳ありませんが、2012年度内の機能追加は予定しておりません。2013年度の早期に提供を予定しています。

こいつだけどうにかすれば解決!

ついでに速度があがったようなのでテスト
Test Date: 4月 6, 2013 7:37:05 PM
Connection Type: Hsdpa
Server: Tokyo
Download: 252 kbps
Upload: 267 kbps
Ping: 211 ms

確かに200kbpsになってるよう!
体感ほとんど変わらないけど
[PR]
by bun_makuhari | 2013-04-06 19:39 | すまほ

新興銘柄の実力

3月も終わって暇ができた

デイトレをぼちぼちとしてみると

ケネディクスすげぇええ(利確
アンジェスはもっと買っておけばよかた(利確
レーサムも勝負しとけばよかた(利確
ADワークス(利確

そんなわけでリーマントレーダーごときでは
びびってしまい完全に失敗

それでも利益でたけどね

明日以降は
ユーグレナに超期待
ついでに今週決算の瑞光は注目
[PR]
by bun_makuhari | 2013-04-03 17:36 | 日記

更新してる人:ブンセー  このブログ:日常のどうでもいい変化をしたためていくあのアレ


by bun_makuhari
プロフィールを見る
画像一覧